労働者派遣業

人材をお探しの企業様へのご案内です。

お問い合わせ先

本社

営業担当:田久 敬太郎

TEL:03-5298-3460

大阪事業所

営業担当:和田 一彦

TEL:06-6131-0166


人材派遣と請負の違い

人材派遣

図:人材派遣体系図

お客様指揮命令の下、社員様や当社以外の派遣スタッフとの混在が可能です。
機械や設備などの賃貸借の必要もございません。
一時的な人員補充や単純作業の効率化に効果的です。

請負と大きな違いは、指揮命令関係の存在です。
派遣の場合、当社スタッフへの指揮命令関係は、貴社と労働者との間に直接生じます。そのため業務に関する責任は貴社と当社の双方に在るとの考えを共有する必要があります。

業務請負

図:業務請負体系図

労働管理や勤怠管理も含め、製造・作業部門の一部を請け負うことで、貴社の負担を大幅に削減。短期間はもちろん、長期にわたり継続利用が可能です。

当社スタッフへの指揮命令は、当社が選任した作業指揮者が行います。
作業指揮者はお客様から日々のご指示・ご注文を承り万全の作業を行います。
なお、貴社から当社スタッフへ直接指揮命令をすることは違法とされています。

人材派遣

近年の人材経営戦略

アウトソーシングの活用によってもたらされたのが「働き方」の多様化。今後、組織を強化するファクターとして見逃すことはできません。

必要な時に、必要な期間だけ、速やかに人材を確保できるのが人材派遣です。
スピーディーな経営戦略を求める時代背景にともない、人材派遣を利用する企業が増えています。
ロジスティック・プランニング・グループは人材派遣のプロフェッショナルとして、企業様に業務改善とコスト削減をご提案します。
派遣社員を登用する3大メリット派遣社員は時代の流れに沿った新しい雇用のかたちです。
こちらでは派遣社員登用のメリットをご紹介します。

写真:オペレーター

派遣社員を登用するメリット

Merit 1 経費削減

人材派遣の大きなメリットは人件費を削減できること。
採用活動・教育コストをはじめ、賞与、退職金、交通費、福利厚生などの経費は大幅に削減されます。

Merit 2 フレキシブルで無駄のない人材活用

派遣社員は新規プロジェクト要員としての即戦力や繁忙期の人材補充だけでなく、特に専門能力や特殊スキルを必要とする場合に最も効果を発揮します。
また、契約期間を柔軟に設定することで、無駄のない組織編成が可能になります。

Merit 3 ニーズに合わせた人材の獲得

業務に必要とされる人材と就業条件を企業様より詳細にヒアリングし、ニーズにマッチした最適な人材提案を行います。そうすることで採用活動を行うことなく、クオリティの高い人材を確実に確保できるのです。
さらに派遣後も派遣社員が定着して、効果的・効率的に業務を遂行し、より実力を発揮できるように継続的に担当からの細かなフォローをいたします。

人材紹介

人材紹介

優秀なキャリア人材の確保は、総合人材サービスで実績のある弊社の人材紹介サービスにお任せください。ロジスティック・プランニング・グループは採用パートナーとして以下5つの役目を果たします。

  • 成功報酬制によって、採用コストの無駄を省き、費用対効果を明確にできます。
  • 採用パートナーとして、即戦力となる人材かどうかを見極めます。
  • 様々な業界・職種の即戦力人材を抱えておりますので、応募者を待つ時間を短縮します。
  • 入社が確定するまで、候補者との連絡や交渉を代行いたしますので、採用ご担当者の負担を大幅に軽減します。
  • ブランド価値を守ります。企業ブランドや社風を熟知した上で的確な人材募集広告の方法をご提案します。

完全成果報酬制

費用は全て成功報酬となります。求める人材が採用できるまで、費用がかかることはございません。
もちろん求人登録は無料。採用コストの無駄を削減することができます。

人材サービスを軸に、キャリア採用全般を総合的に支援

コンサルタントが専任で採用活動をサポート。求める人材についての詳細(スキル、経験、適正、人柄など)や募集要項など、より精度の高い人材をご紹介するために詳しくヒアリングさせていただき、日々迎え入れる多数の求職者の中から最適な求職者をご紹介いたします。
また面接の日時設定、選考結果の通知など、候補者への連絡や交渉を代行させていただくことにより、採用担当者の負担を軽減するなど、キャリア採用を総合的に支援いたします。

業種・職種別に戦略的な人材をご紹介

業種・職種別の専任担当制になっており、それぞれのチームには業界実務経験者が多数在籍しております。
業界の求人ニーズなどを熟知しておりますので、それぞれにあった求職者をご紹介することが可能です。

登録から採用までの流れ

   STEP 1    求人依頼
専用登録フォームよりお問合せください。
頂いた情報を元に担当者よりご連絡させていただきます。
   STEP 2    求人情報登録
求める人材についての詳細(スキル、経験、適正、人柄など)や、募集要項を詳しくヒアリングさせていただき、情報を登録いたします。
   STEP 3    人材のご紹介(候補者推薦)
各業界・職種専任のキャリアコンサルタントがじっくりと面談させていただいた求職者の中から、求人情報にマッチしている人材を選定してご紹介。
紹介時には、書類選考に必要な書類一式(キャリアシート、職務経歴書、資格証明書等)を揃えて候補者を推薦いたします。
   STEP 4    書類選考面接
書類選考、面接などの企業採用試験を実施していただきます。
面接の日時調整、選考結果の通知など、候補者への連絡事項については弊社にて代行いたします。
   STEP 5    内定採用決定
内定通知・条件提示などにつきましては、弊社担当者にお知らせください。
   STEP 6    入社日までの調整業務を代行
入社時期の調整や求職者からの質問対応など、入社にいたるまでの諸々の手続きを代行いたします。
   STEP 7    入社
入社、おめでとうございます。


よくあるご質問

よくあるご質問にご回答いたします。

  Q1   日数限定業務には、どのようなものが該当するのですか?
A1 「その業務」が1カ月に行なわれる日数がその事業所の通常の労働者の所定労働日数の半分以下、かつ1カ月の就業日数10日以下の業務、が該当します。

  Q2   日数限定業務での派遣は、具体的にどんな場合に受け入れることができるのか?
A2 月末毎の書店の棚卸し業務や、土日のみに行われる住宅展示場の案内業務、試験監督の業務などにご利用いただけます。

  Q3   月~金まで社員が行っている販売業務を、土日は派遣を受入れて年中無休で行いたい場合には、日数限定業務とすることは可能か?
A3 日数限定業務としての派遣受入れはできません。
質問のケースではその業務が年中無休で続くわけですから、日数限定業務の要件(上記参照)には該当しないためです。

  Q4   複合業務で派遣受入れ期間に制限を受けないのは、どのような場合ですか?
A4 派遣受入期間の制限がない業務と派遣受入期間の制限がある業務を併せて行なう場合(いわゆる複合業務)については、派遣受入れ期間の制限がある業務の割合が1割以下の場合、全体として派遣受入れ期間の制限を受けない業務として取扱うことができます。

  Q5   紹介予定派遣契約で同一スタッフを6カ月受入れたが、雇入れなかった場合に、再度紹介予定派遣で別のスタッフを派遣してもらうことは可能か?
A5 可能です。

  Q6   事前に他の派遣会社のスタッフも含め、複数のスタッフに面接・試験を行った結果、派遣就業してもらわなかったスタッフから、その理由の提示を書面で求められた場合、行う必要はあるのか?
A6 スタッフに対し書面での理由の提示は必要ありません。
しかし、スタッフを特定するに際して行った具体的内容(面接や試験の実施等)および複数のスタッフからの選考基準については、選考の結果 導入した派遣スタッフの「派遣先管理台帳」への記載が必要となります。

  Q7   個人情報の取扱について派遣先として対処する事はありますか?
A7 個人情報の取扱については派遣元事業主に対して適正管理義務、秘密保持義務が課せられています(法第24条の3、第24条の4)。
派遣先に対しては法律で特に規定はありませんが、派遣元事業主から派遣通知書で通知されたスタッフの個人情報は厳重に保管・管理してください。



■お問い合わせ先

【本社】
 TEL 03-5298-3460 営業担当:田久 敬太郎

【大阪事業所】
 TEL 06-6131-0166 営業担当:和田 一彦

お問い合わせフォームはこちら→